ときのしずく堂

ARTICLE PAGE

ドイツ周遊10日間の旅〜シュヴァンガウ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
P5230259.jpg

さてさて、ドイツ観光もいよいよ最終日。
朝からしっかり食べて、8時にホテルを出発。


IMG_3747.jpg

のどかな風景を楽しみながら、
バスで約127キロ。


IMG_2306.jpg

そう、ドイツと言えば、これを観ずには帰れません。
ディズニーランドにあるシンデレラ城のモデルになった
白亜のお城としても有名なノイシュヴァンシュタイン城 !!
バイエルン国王ルートヴィヒ2世が、
17年の歳月と巨額な資金を投入して建てたお城です。


IMG_3773.jpg

お城の全景をみるベストポイント、マリエン橋からみた風景。
生憎の曇り空で、よくドイツのパンフレットにあるような
劇的に美しい姿は撮れませんでしたが(汗)、
お城そのものより、建っているロケーションが
いかにも、おとぎ話しにでてきそうな感じでした。


IMG_3784_201412130214582e0.jpg

こちらは、ルートヴィヒ2世が幼少時代を過ごし、
彼の父親が所有していたホーエンシュヴァンガウ城。


IMG_3777_2014121302145606c.jpg

位置関係はこんな感じ。
森に囲まれた岩山の上にお城があり、
周囲には湖もあって、いかにも物語の舞台です。


IMG_3798.jpg

ノイシュヴァンシュタイン城は入場見学ですが、
内部は撮影禁止のため外観をたっぷりと。

ルートヴィヒ2世は、中世騎士道への憧れを強く抱いた人物で、
ワーグナーを庇護し、彼の創作する楽劇の世界に心酔。
このお城も趣味で建てたような実用性のないもので、
デザインも建築家ではなく、
宮廷劇場の舞台美術を担当していた画家に依頼。
また同時に他にもいくつかのお城の建設を進め、
それに莫大な王室費を注ぎ込み、
公債の乱発で借金もどんどん膨れ上がって。
挙げ句の果てに見かねたバイエルン政府が、
国王を形ばかりの精神鑑定にかけ、
統治不能としてベルク城に軟禁するまでに至ります。
その翌日、主治医と湖畔を散歩中に
ルートヴィヒ2世は謎の死を遂げたのだとか。
その時点で、まだ未完の部分を多く残す
お城の建設は中止され、
実際に国王がここに住んだのは、
わずかに102日間だけだったそうです。


IMG_3803_20141213024237b75.jpg


IMG_3804.jpg

ここから観る景色も美しい。


IMG_3811.jpg

お城から望む、マリエン橋。
こ、こえー(汗)


IMG_3806.jpg

人気スポットとあって、入場も若干、混雑気味。


IMG_3822.jpg


IMG_3823.jpg

うん。確かに危険行為だね(笑)


IMG_3828_20141213024636ee1.jpg


IMG_3830.jpg

お城の内部を見学後、階段を降りて、
ギフトショップの方へ向かう途中にあるキッチン。
ここは撮影おっけー。


IMG_3833.jpg

この通路、なんかSFっぽい。


IMG_3844.jpg

お城から集合場所まで下り道とは言え、
20分ぐらいかかり、ゆっくり見学した分、
かなり競歩気味に歩いたので、
いい運動になりました。


IMG_3839.jpg

岩清水的な。


IMG_3847.jpg

ポスターの美しいこと !!


IMG_3851.jpg

裏に変なシール貼られてましたが(笑)


IMG_3858.jpg

ホーエンシュヴァンガウ城は外観のみ見学。
12世紀に建てられ荒れ果てていた城を
ルードヴィヒ2世の父がネオゴシック様式に建て直し、
夏の狩りの城として使っていたそうです。


IMG_3860.jpg

当時は非難囂々だったのであろうお城も、
後の世でこれだけ、たくさんの人に
夢を与えてるんだから、わからないもんですよねー。


IMG_3863_20141213025321c3a.jpg

集合場所で、はい、お昼ごはん。


IMG_3864.jpg


IMG_3868.jpg

待ってました !!


IMG_3866.jpg

この日本語で書かれたメニュー表をみても
おわかりのように、
生ビールが水よりも安いんですね〜。
飲めない人はほんとお気の毒な国です。



IMG_3865.jpg

サラダ。


IMG_3869.jpg

シュヴァーベン地方の郷土料理・マウルタッシェ。
パスタ生地の中にひき肉やほうれん草、パン粉、たまねぎなどを詰め、
パセリやナツメグで味つけしたもので、
大きなラビオリと言った感じです。


IMG_3871.jpg

ロールケーキのデザート付き。

午後からは、約25キロほど走った、
ヴィースへ立ち寄り、
そのあと、ミュンヘンに戻ります !!

その模様は、また次回お届けします。
たぶん、次回で一気に最後までいけるはず・・・。
うん。がんばろう。
ではでは、お楽しみに〜。





Category: 旅へ
Published on: Sat,  13 2014 03:45
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

- 2 Comments

健さん  

長旅でんなあ。。久々にのぞいてみたらまだドイツ。。。年末までには帰ってきてね〜(爆)

2014/12/13 (Sat) 10:57 | EDIT | REPLY |   

-  

健さん

ほんと、申し訳ないです。
半年ドイツです(汗)
なんとか年内には終わらせたいっと
誰よりも強く、私が願っております(笑)
懲りずにまた、お立ち寄りくださいね〜。

2014/12/13 (Sat) 14:10 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。