ときのしずく堂

ARTICLE PAGE

スペインの旅〜コルドバ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
IMG_2241_20151225232342584.jpg

大変長らくお待たせしました。
コルドバです。

スペインのアンダルシア州にあるコルドバは、
かつて後ウマイヤ朝の首都として栄え、
現在も建築物や街路など至る所にイスラム文化が色濃く遺り、
メスキータやユダヤ人街を含む「コルドバ歴史地区」は
世界遺産に登録されています。


IMG_2246.jpg


IMG_2261.jpg

なかでも当時、街の中心となっていたモスク「メスキータ」は、
見逃せない観光ポイントです。
ここで再登場するのが、例のレコンキスタです。

785年、イスラム教の寺院としてアブデラマン1世時代に建設。
その後、カトリック教徒が権力をにぎった1236年からは、
内部に礼拝堂を設けたりカテドラルが新設され、
メスキータはイスラム教とキリスト教が混在する
世界にふたつとない建築物になったそうです。


IMG_2329.jpg

内部で最も有名なのは、馬蹄形アーチが約850本連続する円柱の森、
いわゆる礼拝の間です。


IMG_2335.jpg

この2重アーチは、メリダにあるローマの水道橋を参考にしたとされ、
赤いレンガと白の石灰岩を交互に配した美しい構成に。


IMG_2313.jpg

礼拝の間にはキブラ壁(メッカのカーバ神殿がある方向を指し示す壁)と、
窪み状のミフラーブが設けられ、礼拝の目印となっています。

歴代の王は人口の増加と共にメスキータを拡張。
アルハキム2世時代には、イスラム国家の権力の象徴として
現存するミフラーブと共に、
王が礼拝する貴賓席が設けられました。


IMG_2317_20151225233920660.jpg

貴賓席上部の天蓋は正方形に組まれたリブ状のアーチを、
45度の角度で回転複写させた星型の架構・・・
って、これのことかなぁ〜。
写真の山を前に、完全に迷子です。
どこが、その写真なのか、正直もうよくわからない・・・(汗)


IMG_2377.jpg

雰囲気がガラリと変わる
こちらがカルロス5世の時代に造られた
カトリック様式のマヨール礼拝堂。


IMG_2389.jpg


IMG_2374.jpg

その向かいにある、壁一面、
重厚な彫刻家具が並ぶ聖歌隊席。

 
IMG_6747.jpg

マヨール礼拝堂と聖歌隊席をつなぐ天井。


IMG_2406.jpg

礼拝者が体を清めるための沐浴を行う
オレンジの中庭。


IMG_2369.jpg

時代とともに拡張が繰り返されたイスラム教建築の変遷と、
レコンキスタ以降、中央部に唐突に加えられたキリスト教建築の融合。


IMG_2342_20151226012030b00.jpg


IMG_2345_20151226012032af5.jpg


IMG_2378_20151226012035b9f.jpg

歴史的背景を知って、観る楽しさはもちろん大きいですが、
知らずにみても、装飾の美しさに圧倒されることまちがいなしです。

さてさて、すでに脳の回路はショート気味で、
煙りがあがりつつありますが、
なんとか、年内におわらせるためにも、
もう、ひとがんばり !!

みなさん、しっかり、ついてきてくださいね。


IMG_2445.jpg

ユダヤ人街にある「花の小径」。
狭い路地を抜けて振り返ると、
メスキータの尖塔がみえます。


IMG_2414.jpg


IMG_2439.jpg

白い壁と青い空に、
まっ赤なゼラニウムが映えますね〜。


IMG_2463_2015122602394083a.jpg

旅行中よくみかけた紫色の花は
ジャカランダです。
カスタネットのような実をつけるらしく、
フラメンコで使われたりもするとかしないとか。


IMG_2469_20151226023755ca2.jpg

周辺にも細い路地がたくさんあって、
わくわくしますね。


IMG_2477_20151226023759d28.jpg


IMG_2488.jpg

飲食店やお土産物屋さんなど、
ブラブラ散策して回るのにいいところです。


IMG_2471_20151226023757904.jpg


おなかもすいてきたところで、お昼ごはん !

IMG_6753.jpg


IMG_6754_20151226025215b97.jpg

お察しの通り、中華です(笑)


IMG_6756.jpg


IMG_6755.jpg

大皿で他のツアーメンバーと相席のため、
写真はあんまり撮ってなかったようですね、わたし。
まぁ、普通でした。

最近、海外旅行ではツアー中、
1回は中華の日がありますが、
どうせなら、そこは日本食なのでは?とも思います。
まぁ、値段やら、味のレベルやら、
いろいろあるんでしょうね、大人の事情が。


IMG_6743_20151226025908108.jpg

忘れてましたが、朝はホテルでたべました。

昼食後はマドリッドへ向かいつつ、
途中、ラ・マンチャへ。

IMG_6789.jpg


IMG_6792.jpg

スペインを代表する作家ミゲル・デ・セルバンテスの代表作
『才知あふれる郷士ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』の
主人公ドン・キホーテが繰り広げる冒険の舞台、
それが、まさに、ここなのです。


IMG_6767.jpg

ドン・キホーテの記念館みたいなところに
立ち寄りました。


IMG_6769.jpg

いろんな人が書いた、ドン・キホーテ。


IMG_6776.jpg

日本風のもあって、なかなか、おもしろかったです。


IMG_6773.jpg

横に座って、記念撮影も出来ます♪


IMG_6784.jpg

幼い頃、読んだ記憶がある方も多いのでは?と思いますが、
なんせ、記憶力のない私はほとんど内容を覚えてませんでした。

ざっくり言うと、当時ヨーロッパで流行っていた騎士道物語を
読み過ぎた主人公が、妄想に陥り、
自分を伝説の騎士だと思い込んで、痩せこけた馬のロシナンテにまたがり、
従者サンチョ・パンサを引きつれて旅に出るお話し。

なかでも8章にでてくる、
建ち並ぶ風車を巨人だと思いこみ、
全速力で突撃して吹き飛ばされる話しが有名で、
その風車が、次の観光場所。


IMG_2583.jpg

コンスエグラの風車です。


IMG_2604_201512260350537a2.jpg

嵐の中とかでみたら、巨人にみえなくもない・・・???


IMG_2581.jpg

見晴らしのいい丘の上にあり、
のんびりとした素敵な場所でした。


IMG_2645_20151226035857e93.jpg

マドリッド到着。都会ですね〜。


IMG_6801.jpg

晩ごはんは、タパスです !!
タパはフタと言う意味で、その複数形で、
昔、ワイングラスにハエが入らないよう、
ひとくち飲んでは、パンでフタをしていたものが、
発展した小皿料理とか。
最近は日本のスペインバルなんかでも、
人気ですよね〜。

IMG_6802.jpg


IMG_6803.jpg

まちがいなく、ワインがすすむものばかりです。


IMG_6804.jpg


IMG_6805_20151226040159642.jpg


IMG_6806.jpg


IMG_6809.jpg


IMG_6810.jpg


IMG_6807.jpg


IMG_6808_201512260412036c6.jpg

どれもこれも、おいしかったです。
完食です !!



IMG_6812.jpg

ホテル「ウサ プリンセサ」到着。


IMG_6813.jpg

ほんとうに、長い1日でしたね・・・

みなさん、いい夢を。
この次は、また近いうち、
年内になんとか。

ではでは、おやすみなさーい。


Category: 旅へ
Published on: Sat,  26 2015 04:17
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。